読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マインドフルネスな生き方

 こんにちは(*^-^*)

 昨日から今日にかけてとってもいい気づきがあったのでちょっとシェア♪

 

 ちなみに今日の鹿児島はとっても不思議で素敵なエネルギーに満ちています。

 

 昨日の夜におもむろに

「大切な人を満たしきったら私は必要ではなくなるのではないか??」

 

と思う瞬間がありました。

 

マインドフルネスNLPトレーナーの資格を持っている私がこんなことを思っていたなんて!!と少々反省もしつつ。。。(*´ω`*)

 

ちなみに、マインドフルネスとは、心が満たされた状態の事をいいます。正しい表現かどうかはわかりませんが、私なりの表現です。

 

『満たされたところから始めよう』

私は数年かけてこのキーワードの意味、考え方、実践法を学び、今ではこのキーワードをお伝えし、実践していきているつもりでした。

 

つもりでしたねぇ。。。(´・ω・`)

 

今までの世の中の価値観は、組織にしてもパートナーシップにしても欠けた部分を補い合うというものでしたが、マインドフルネスの捉え方は少し違っていて、一人ひとりが満たされた状態で放たれるエネルギーで生きていく、何かを行うという概念なんです。

 

パートナーシップを月で例えるなら、今までの価値観は、半月同士がくっつきあって満月になり足りない部分、欠けている部分を補い合うというイメージ。

マインドフルネスは、満月同志が重なり合って融合し新しい揺るぎない力強いエネルギーでほかの人にとても豊かなエネルギーを与えるという概念。

 

と、私はそう捉えてます。

 

という事を頭では理解して、その価値観で生きているつもりでしたが、身体の中に過去の自分の思考パターンが眠っていて、それがどうやらその考えを誘発したんでしょうね。

 

気付いてよかった。

 

そう思いましたけど、きっと最近マインドフルネスを耳にしがちな方も、頭ではわかってるけどそういってもね~って思う根源ってこの辺にある方もいらっしゃるのでは?

 

結論。

 

大切な人の為に惜しみなくエネルギーを注ぎ満たしてあげる事が出来たならば、お互いが本来持っている力を存分に発揮出来た人生を送れる、なくてはならない関係性に発展できるという事なんだという事。

 

そして、お仕事好き女の私はこの事も同時に気づきました。

それは、その考え方と、顧客満足を高めるという考え方は全く一緒なんだという事。

 

顧客満足度を上げるっていう事は、最低限の満足を提供しているという事が前提の話。

お客様に不満やストレスがないという事。

アンダーラインは、可もなく不可もなく。

 

そこから、その会社やお店の色を入れ、その特徴にそったサービスの質の向上が不可欠なんだなぁって事を。

 

なので、外見ばっかり着飾って、人の為に自分が何ができるかという考え方が出来ない人や、サービスの手段ばかりにとらわれて、お客様が何にお困りで、何をして欲しいのかを考えてあげららない人は、なかなかいろんなことがうまくいきづらいのかもしれませんね。

 

少なくても、5年くらい前の私はそんな感じでしたね。

 

いろんな気づきからそれをやめることが出来ましたけどね。

そういう意味で言うと、人の為にと思えるようになったベースはマインドフルネス 満たされたところから始めるという事でしょうか?

 

目の前の様々な幸せを認識し始めて、私はもうすでに、幸せに満ちているんだって気づいた事は大きかったです。

沢山の人に支えられ、環境に助けられ。。。

 

足りないものにフォーカスする人生から、持っているものにフォーカスする人生へ。

 

仕事もプライベートもみるみる、思っている以上にうまくいき始めますよ♪

 

じゃあそろそろ、身体のメンテナンスピラティスに行ってきま~す(*^-^*)